ガンダムseed パチンコ やめどき

大学院 2018/03/27 更新

これまでに修了した学生さんの修士論文と博士論文の一覧です

修士論文

 社会システム研究科博士前期課程地域コミュニティ専攻
 (旧・人間文化研究科人間文化専攻人間関係学研究コース)

  • 医師患者間コミュニケーションと患者の価値意識が患者ロイヤリティに与える影響 − かかりつけ医普及に向けた検討 −(2014年度)
  • 看護学生のコミュニケーションに関する研究−臨地実習における報告行動に影響する要因について−(2011年度)
  • 民間フィットネスクラブにおけるホスピタリティと会員ロイヤルティについて(2008年度)
  • インスリン自己注射時のヒューマンエラーに関する考察(2008年度)
  • 誤薬を防止する外的手がかりの有効性(2008年度)
  • 小児領域で働く看護師の学習傾向と学習を規定する要因との関係(2006年度)
  • 高齢者疑似体験による高齢者に対する態度の変容(2002年度)
  • 説得的根拠の違いによる禁忌に対する行動の変容(2002年度)
  • 医療事故予防のためのコミュニケーション要因についての研究−理学療法士を対象とした調査から−(2002年度)

博士論文

 社会システム研究科博士後期課程地域社会専攻

  • M. P. フォレットの創造的経験と統合の過程 −Creative Experienceを中心として−(2017年度)
  • 服薬モデル −患者は薬をどう捉えているか−(2016年度)
  • Off-JTと有機的に連環させたOJT学習モデルの提案 −学習理論に基づいたOJT学習モデルの3類型−(2015年度)
  • 家族介護者の介護適応を促す協同的ケアモデルに関する研究 −家族介護者の介護力向上のために必要な看護支援の検討−(2014年度)
  • ヒューマンエラー検出のための複数回チェックの問題点 −ターゲット検出課題を用いた実験による検討−(2009年度)
  • 社会文化的環境に着目した中小規模事業所労働者の生活習慣改善の支援の在り方の検討(2009年度)
  • フィールドデータに基づく暴力団加入原因の考察−暴力団構成員,構成員経験者に対するフィールド調査から−(2006年度)
  • 医療事故防止のためのエラーの指摘に関する心理学的研究(2004年度)
TOP